25歳で大腸がんステージⅢの闘病生活 blog

横行結腸癌 stageⅢ ☆2021年4月1日に見つかった大腸がんの闘病生活を報告します。基本毎日何かしらの記事を作成するつもりです。

術後5~7日目!そして退院!

術後5日目,6日目は痛みも少なく回復が順調に進んだので,

7日目に退院が決まりました。

最短での退院です!痛みは少ないです!

 

 

1.5日目:順調な回復!

術後からの痛みや不快感はほとんど無くなりました。

あとは術部の腹筋が痛い程度ですが,それも普通の筋肉痛レベルです。

➡峠を越えて,平坦な道しかない感じです。

 

回復が良好なため,術後7日目で退院する予定になりました。

ひとまず,安心です。

 

◎参考

手術後の血液検査にて,肝臓などの消化器が元気ないとの事で

消化器を整える薬を貰いました。次の外来まで飲み続けます。

  ● モサプリドクエン酸塩

消化管の運動を整え,胸やけや吐き気などを改善する薬。

  ● ランソプラゾールOD錠

胃酸の分泌を強く抑えて,胃や十二指腸潰瘍の潰瘍や食道の炎症を改善する薬


f:id:gan_fight:20210505002033j:image

2.6日目:普通の食事になる!

生活レベルが術前の水準まで戻ってきました。

食事も普通のご飯になりました。

やっぱり白米美味しい!

 

これは夜ごはんです。
f:id:gan_fight:20210505002110j:image



術部の腹筋こそ少し痛いですが,他は全く問題ありません。

仕事はできるか分かりませんが,家事等は全て出来ると思います。

 

一応,退院後しばらくは実家で療養する予定ですが,

これなら単身生活も大丈夫だと思いました。

 

術後7日で退院したので,7日間療養した後に仕事復帰しようと考えています。

仕事をこなす体力が戻っているかが心配です。

 

しかし,抗がん剤もこの後に控えているので

少し動いて体力をつけた方が良いのかもしれません。

➡ステージⅢがほぼ確定のため,抗がん剤を行うと先生より言われています。

 詳細は退院後の外来にてお話しするので,入院中は深く聞いていません。 

 

少しでも体を強くして

抗がん剤に耐えられる身体にしたいですね。

 

3.7日目:さあ退院!

本日の痛み度合いは昨日と一緒くらいです。

日常生活に支障がないレベルです。

 

退院のために朝一番で血液検査を行います。

問題なければ退院です。

2時間くらいで結果が出るので,それまでは朝ごはんor荷物整理です。

 

最後の病院食(朝)です。

朝は牛乳が付いてきます!

 

しばらくして,主治医の先生が検査結果を伝えに来ました。

 

血液検査の結果は異常なし。

退院OK !

 

人生初めての入院は10日間でした。

 

結果的には痛みがほぼ無い状態で退院です。

もっと満身創痍をイメージしていたので良かったです。

 

しかし 

絶食や点滴しながら就寝する経験が初めてなこと,

手術前のせわしない感じや術後の地獄,

精神的にはかなり追い込まれました。

 

それでも,身体はしっかり回復してくれます。

 

身体は生きることに執着しているようです。

 

そんな体の回復力を目の当たりにし,

 

これから待ち受ける辛い試練に対し,

 

心が決して負けることなく

 

生きることにとことん執着してやるぞ!

 

と決意を固めて病院を去りました。

 

何はともあれ

もう入院したくない!